港区議会第2回定例会

本日開催された港区議会第2回定例会において、武井区長と小池教育長に対し、
①これからの港南地域のまちづくりについて
(1)区長が考える港南地域の現状と未来について
東京の玄関として、ふさわしいまちづくりを進めていくべき。
(2)港南地域のブランドイメージについて
住む人、働く人、集まる人が共有できる、まちのブランドイメージを持つためのまちづくりビジョンを示すべき。
②スポーツによる地域振興について
(1)ゴールの設定について
ゴールに向かって参画と協働を推進させ、2019年・2020年のレガシー創出及びス ポーツが根付く文化の醸成を進めていくべき。
(2)レガシーを創り出すまちづくりについて
国が進めるスポーツ産業の基幹産業化に向け、住む人、働く人、集まる人々をスポーツでつなぐまちづくりを区がリードして創出するべき。
③全庁的な企画・調整機能を有するスポーツ振興の推進体制について
(1)港区2020東京オリンピック・パラリンピック推進委員会について
「する」「みる」「支える」をつなぐための企画・調整機能を有し、複合的連携機能を持った推進体制にするべき。
④その他
3テーマ5項目を一般質問いたしました。2回目の登壇となりましたが、現在の活動を軸とした質問ができたと思っております。なお、質問の詳細内容や答弁については別途ご報告させていただきます。

関連記事

ページ上部へ戻る