港区基本計画の区民説明会

今夜はさんぽーと港南で開催された「港区基本計画(素案)及び地区版計画書(素案)区民説明会」に参加しました。

「港区基本計画」とは、会社でいうところの長期経営計画と同様な位置付けにあり、平成27年から平成32年の向こう6年間における人口の想定(H32年度:270千人)と財政収支の見通し(財政規模:7,105億円)を前提に策定された最上位計画で、区政を計画的に運営するための指針となる位置付けになります。なお本基本計画は、全区的な計画である「分野別計画」と総合支所ごとに策定した「地区版計画書」に分かれて策定され、「分野別計画」では、5つの重点課題と4つの街づくり事業を、「地区版計画書」では、総合支所ごとの5地域事業の内容で構成されています。

今回の区民説明会は、配布資料をもとに上記内容の説明が行われました。とてもわかりやすい説明で、大変よく理解できたのですが、平日夜間(19:00〜20:40)の開催だったためか、参加者が3名のみというのが残念でした。港区は「参画と協働」により本基本計画を推進していく方針であるだけに、まずは区民の参画意識を高めていくことが急務であると実感しました。

区民説明会は11月24日(祝月)まで区内各地区で開催される予定です。港区在住・在勤の皆さん、ぜひ足を運んで一緒に港区の未来を創っていきましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る