テニス錦織圭選手の偉業に思う

青山小学校

すごいですね!テニスの錦織圭選手!日本人初の4大大会シングルス決勝進出という偉業を成し遂げました。

明日(9月9日)の午前6時から行われる決勝戦でクロアチアのマリン・チリッチ選手との対戦するわけですが、私、黒崎ゆういちが注目するのは元全仏オープン王者マイケル・チャン・コーチとの子弟関係です。

テレビ等で様々な方が解説をされている通り、今回の快挙は、マイケル・チャン・コーチが錦織選手に地道な基礎練習を徹底して指導したことによりフォームが安定され、精度も上がり、更に厳しい練習を繰り返すことにより、精神力も自然に鍛えられていく。そしてなにより、指導者を信じて相手にそして自分に打ち勝つという意識を叩きこまれた結果だと思います。

コーチとは「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」という意味だそうです。辛いことや悔しいことにより目標を見失う事もあったでしょうが、そこをちゃんと軌道修正できる指導者との出会いはまさに運命の巡り合わせです。

その出会いを果たしたマイケル・チャン・コーチと錦織選手が二人三脚で目指しているテニスで、明日の決勝戦を戦い切って欲しい。二人で信じた事が正しいと証明するために。

関連記事

ページ上部へ戻る