森喜朗日本ラグビー協会会長より

先日は秩父宮ラグビー場にて日本ラグビーフットボール協会の森喜朗会長にお会いしてきました。

ご存知の通り、森会長は元内閣総理大臣(第85,86代)で現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長、ラグビーワールドカップ2019組織委員会副会長など日本スポーツ界の要職をお務めになられています。

森会長には、自民党の後輩として統一地方選挙に向けた日々の政治活動のご報告と、秩父宮ラグビー場のある港区で2019年のラグビーW杯・2020年の東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けた港区ラグビーフットボール協会とNPO法人みなとラグビースクールの活動内容をお話しし激励のお言葉を頂戴しました。

ご多忙のところお時間を割いて頂き本当にありがとうございました。頂戴したお話を日々実践し、全力で頑張ります!

関連記事

ページ上部へ戻る