ラグビー早明戦の東京ドーム開催を断念

毎年12月の第一日曜日に国立競技場で開催される関東大学ラグビー対抗戦、早稲田大学vs明治大学の伝統の一戦が、今年は国立競技場の建替えにより、東京ドームで行われる予定でしたが、ゴールポストが安定して設置するのが困難であるとの理由により、開催断念となりました。

関東ラグビーフットボール協会では、港区にある秩父宮ラグビー場(2万5000人収容)で開催するべく調整をしているとのことです。

ラグビー早明戦は、戸塚グラウンドで第1回(1923年)が行われ、第5回(1927年)から第48回(1972年)までが今の秩父宮ラグビー場(明治神宮外苑競技場・東京ラグビー場含む)で開催。現在の国立競技場で行われるようになったのは第49回(1973年)からで昨年の第89回(2013年)まで。長い早明戦の歴史にピリオドを打ったのは2013年12月1日。記憶に新しい「国立最後の早明戦」で松任谷由実さんがノーサイドを熱唱したあの日です。

全てが予定通りに行けば、2019年ラグビーワールドカップ日本大会が終了した12月の第一日曜日に新国立競技場で早明戦が復活するのでしょうが、歴代早明戦史上最高入場者数を記録した第57回(1981年)の6万6999人を上回るために、これからやるべきことは盛りだくさんです。。

まずはラグビーから。黒崎ゆういちが掲げる「港区スポーツタウン構想」の実現を目指してまいります。

なお、写真は大学4年時(1998年)の早明戦で「トライを決める黒崎ゆういち」です(笑)

関連記事

ページ上部へ戻る