港区議会議員 黒崎ゆういちの政策


board02
sei_pop01

私、黒崎ゆういちは、「あなたが活き」「あなたが育つ」港区へ、の実現に向けて「3つの構想(スポーツタウン構想の推進・課題解決への取り組み・未来に向けたビジョン)」を提案します。

企業人(営利)として大手総合商社勤務15年間の企画・営業経験と、経営者(非営利)としてNPO法人や一般社団法人の組織立ち上げ・運営経験を最大限に活かして、“港区がうれしい”をひとつひとつカタチにして実現させていきます。

是非ともあなたのご意見やご要望をお聞かせ下さい!

一緒に港区の未来を考え、あなたの夢を実現させていきましょう!

 

 

 

実現に向けた3つの構想

 

 


老若男女が集える文化・スポーツ施設という“場”を。
“場”づくりに政治から参加し、企業や地元を巻き込んで、
継続的に運営できる組織を作っていきます。
sei_01

区内で計画されている大型再開発事業においては、事業開発者に対して規制緩和
(建ぺい率や容積率の緩和、空中権の活用など)によるインセンティブを与えることによって、
文化・スポーツ施設の併設を盛り込むことを推進します。
そこでは、年齢や性別を問わない生涯教育や人間教育と、
世代間の交流が行われるような文化・スポーツの拠点を創設します。
また、文化・スポーツ施設を活用することで、区内エリアごとに地元企業や商店街と
地域をつなぐ文化・スポーツ振興組織を育成していきます。

 

 


総合商社で学んだことを活かし、
子供の問題=【託児保育】や【見守り】のための制度づくり、
お年寄りにやさしいまちづくりを実現します。sei_03
「オトナのまち=港区」から「オトナが見守るまち=港区」へのシフトをキーワードに、
地域の防犯対策、高層マンションの防災対策に万全を期します。
また、大型オフィスビルに入居する民間企業と共に地域に開放する
「託児所」をつくるなど、子育て環境の充実と区立学校での学力向上を推進していきます。

その一方で、一人暮らしのお年寄りを支援すべく、地域コミュニティを
強化し、お年寄りが外に出やすい「ベンチがたくさんある街づくり」を進めます。
総合商社で得た経験を活かし、行政の効率化を推進し、
また、地域・企業・行政を「Win-Win」の関係にレベルアップします。

 

 


リニア開通・山手線新駅開業に向けて、品川駅周辺の価値向上を。
そしてラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピックに
向けて日本で一番の観光交流拠点にしていきます。


リニア新線開通や山手線新駅開業に向けて、品川駅周辺と
タワーマンションエリアのアクセス向上を図り、地域を活性化します。
また、「国家戦略特区」を活用して、世界と戦えるだけでなく、
水と緑とフィールドがある、働きやすく過ごしやすいビジネス環境を整備します。
さらに、東京オリンピックやラグビーワールドカップの開催を控え、世界中から人が集まり、
様々な交流が生まれるような観光都市への脱皮を目指します。

pro01

ページ上部へ戻る